脱毛というと、日本では「脱毛サロン」もしくは、「エステティックサロン」に行きます。
 でも、アメリカを例にあげると、「エステティックサロン」は、「リラクゼーションサロン」の様なメニューがほとんどで、
そのメニューの中で「脱毛」という項目はほとんど無く、とてもめずらしいというデーターがあります。
 確かに、日本人は、皮膚の色は黄ばんだ肌色で髪は黒色。体の体毛も黒色の方がほとんどです。

他国の方だと肌の色と体毛の色が同じ方もいらして、皮膚を守るためにあえて脱毛をなさならない方も大勢います。
海外の女性スポーツ選手の写真などを見るとよく見かけます。 ある意味ではとても良いですよね。
 日本人は、昔からお風呂に入る習慣があって、とても清潔をモットーとしている国で大変素敵な事だと私はいつも思っています。

「脱毛」は「清潔感」にも繋がりますし、 本当に良い事だと思います。
私の知っている話で脱毛をして、「人生感が変わった」という方の私の体験談をしようと思います。
 まだ「脱毛サロン」はあまりなかった私が学生だった頃、ある同じ年代の女性が、本当に生まれつき体毛が濃く多い体質だった一人の女性が居ました。
彼女にとっては、それは大変大きな心の悩みで、毎日毎日その事を気にしていた上に、学校でもいじめにあっていたそうです。
でも、彼女は生まれつき辛抱強い性格を持っていたので、両親にも打ち明けずに一人で悩んでいたそうです。
私が彼女を見た時も、季節が冬だった事があったからでしょうか。そんな悩みを持っていたなんて全くわからず、なんてきれいな女性だろう。と逆に思っていたほどでした。
彼女が学校に来なくなった事に私が気づいたのは春近い頃でした。友達に聞くと、彼女はある日、
決意してご両親に体毛の悩みを打ち明けたそうです。まさかと思っていたご両親は、直ぐにサロンに連れて行って、全身の体毛の永久脱毛という手術を受けた。と聞きました。
それから、彼女は学校に来なくなっていました。でも、私は其の時ふと、もしかしたら彼女は、
ずっと長い間背負っていた大きな悩みから解き放たれて、今まで我慢をして通っていた学校からも、全て新たにやり直しをしたのかも知れない。
と勝手に解釈し、聞いた瞬間は、何となく喜ばしい気持ちになったという経験があります。  「脱毛」で「人生感が変わる」そういう方も事実居るのです。という私の体験談です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です